2018年版
二次電池市場・技術の実態と将来展望


次世代電池の動向と市場展望・二次電池市場実態/予測・関連部材・応用製品
目次・サンプル(公開中)

エネルギーデバイス 〜 Second Battery編

発行:2018年2月23日 ■体裁:B5判 210頁 ■定価:70,000円+消費税 (以下、税抜き)

B5判+CDタイプ 定価:90,000円 CDタイプ(PDF・Ver1.0) 定価:70,000円 (Windows対応
B5判+プレミアムCD(PDF+Excel) 定価:110,000円 プレミアムCD 定価:90,000円

企画 案内                                   目次案内

 世界的に進む電動車シフトと連動して、EV(電気自動車)の今後の行方を大きく占うのが、ポスト・リチウムイオン電池(次世代電池)です。全固体電池をはじめ、リチウム空気電池、多価イオン電池などがその候補です。学術界、研究機関、産業界のそれぞれで世界的に研究開発が進展しています。
 一方で、
2017年4月からエネルギー小売自由化がスタートしました。その際定置用二次電池(蓄電池)も重要な役割担うことになります。エネルギー政策の方向性として、クリーンエネルギーへの重点シフトが打ち出されています。国民一人一人がエネルギーの需要家であると同時に、エネルギーの生産者として再生可能エネルギーや蓄電システムを駆使することによって、従来の集権型エネルギーから分散型エネルギーに転換していきます。
 
エネルギー基本計画においては、蓄電池はエネルギーの需要構造の安定性強化に貢献する大きな可能性を持った技術であり、技術開発、国際標準化等により低コスト化・高性能化を図っていくとしています。他のプロジェクトにおいては、自動車の省エネルギー化が重要であるとし、ハイブリッド自動車、電機自動車、プラグインハイブリッド自動車等、次世代自動車の新車販売に占める割合を2030年までに5割以上とすることを目的としています(「革新型蓄電池実用化促進基盤技術開発」)


キーワード:小型二次電池、大型二次電池、小型蓄電池、大型蓄電池、蓄電池
      リチウムイオン電池、LiB、定置用蓄電池、ニッケル水素電池
      Ni-MH、NAS電池、レドックスフロー電池
マグネシウム空気電池


目次案内                                 <トップ>     

序 章 次世代電池の動向と将来予測


第T章 二次電池市場の動向と展望

1. 二次電池世界/国内市場の動向と実態(〜2020年度)
(1)二次電池世界/国内市場概況(20112030年)
(2)マグネシウム電池の動向と展望
(3)リチウム空気電池の動向と課題
(4)二次電池市場の最新動向
(5)二次電池市場の業界図
@一次電池・二次電池世界市場推移・予測(数量・金額)
A二次電池世界市場推移・予測(数量・金額)

B二次電池世界メーカーシェア(数量・金額)
C用途別二次電池世界市場推移・予測(金額)
D民生・車載用二次電池世界市場推移・予測(数量・金額)
E産業・系統用二次電池世界市場推移・予測(容量・金額)

F民生・車載用二次電池別構成比率(金額)
E産業・系統用二次電池別構成比率(金額)

2. 二次電池の種類と特徴
(1)リチウムイオン電池の特徴と種類
(2)リチウムイオン電池の課題と今後
(3)大型ニッケル水素電池の動向と展望
(4)NAS(ナトリウム硫黄)電池の動向と展望
(5)レドックスフロー電池の動向と展望

(6)溶融塩電解液電池の動向と課題
3. タイプ別二次電池世界市場推移・予測(全体)
(1)タイプ別二次電池出荷数量推移・予測
(2)タイプ別二次電池出荷数量構成比率
(3)タイプ別二次電池出荷金額推移・予測
(4)タイプ別二次電池出荷金額構成比率
4. タイプ別二次電池世界市場推移・予測(個別)
(1)タイプ別二次電池世界市場推移・予測(数量・金額)
(2)リチウムイオン電池世界市場推移・予測(数量・金額)
(3)リチウムイオン電池世界メーカーシェア(数量・金額)
(4)タイプ別リチウムイオン電池世界市場推移・予測
(5)
ニッケル水素電池世界市場推移・予測(数量
(6)ニッケル水素電池世界メーカーシェア(数量・金額)
(7)タイプ別ニッケル水素電池世界市場推移・予測
(8)用途別ニッケル水素電池出荷金額推移・予測
(9)
鉛蓄電池世界市場推移・予測(数量・金額)
(10)鉛蓄電池世界メーカーシェア(数量・金額)
(11)用途別鉛蓄電池出荷金額推移・予測
(12)
NAS電池世界市場推移・予測(数量・金額)
(13)用途別NAS電池出荷金額推移・予測
(14)レドックスフロー
電池世界市場推移・予測(数量・金額)
(15)用途別レドックスフロー電池出荷金額推移・予測
(16)次世代電池
世界市場推移・予測
(17)用途別次世代電池出荷金額推移・予測
5.
用途別リチウムイオン電池世界市場推移・予測
(1)用途別リチウムイオン電池世界市場推移・予測(数量)
(2)用途別リチウムイオン電池出荷数量構成比率
(3)用途別リチウムイオン電池世界市場推移・予測(金額)
(4)用途用リチウムイオン電池出荷数量構成比率
(5)民生別リチウムイオン電池世界市場推移・予測(数量・金額)
(6)民生別リチウムイオン電池メーカーシェア(数量・金額)
(7)車載用リチウムイオン電池世界市場推移・予測(数量・金額)
(8)車載用リチウムイオン電池メーカーシェア(容量・金額)
(9)産業・業務用リチウムイオン電池世界市場推移・予測(容量・金額)
(10)産業・業務用リチウムイオン電池メーカーシェア(容量・金額)
6. メーカー別二次電池出荷数量・金額一覧(表)
(1)メーカー別二次電池出荷数量推移・予測
(2)メーカー別二次電池出荷金額推移・予測
7. タイプ別二次電池メーカー出荷数量推移・予測
(1)リチウムイオン電池メーカー別出荷数量推移・予測
(2)ニッケル水素電池メーカー別出荷数量推移・予測
(3)鉛蓄電池メーカー別出荷数量推移・予測
8. タイプ別二次電池メーカー出荷金額推移・予測
(1)リチウムイオン電池メーカー別出荷金額推移・予測
(2)ニッケル水素電池メーカー別出荷金額推移・予測
(3)鉛蓄電池メーカー別出荷金額推移・予測
【参 考】二次電池統計資料(経済産業省機会統計)


第U章 二次電池応用市場の動向と展望

1. リチウムイオン電池関連市場の動向と実態
(1)リチウムイオン電池注目市場概況と動向
(2)用途別民生機器向けリチウムイオン電池市場推移・予測
@民生機器用リチウムイオン電池関連市場推移・予測
A民生機器用リチウムイオン電池市場推移・予測
(3)車載・産業用リチウムイオン電池関連市場推移・予測
2. 民生用二次電池応用市場の動向と展望
(1)スマートフォン市場の動向と展望
@スマートフォン世界市場推移予測/シェア
Aスマートフォン国内市場推移予測/シェア
(2)タブレット端末市場の動向と展望
@タブレット端末世界市場推移予測/シェア
Aタブレット端末国内市場推移予測/シェア
(3)携帯電話市場の動向と展望
@携帯電話世界市場推移予測/シェア
A携帯電話国内市場推移予測/シェア
(4)ノートブック市場の動向と展望
@ノートブック世界市場推移予測/シェア
Aノートブック国内市場推移予測/シェア
(5)ウルトラブック市場の動向と展望
(6)デジタルカメラ市場の動向と展望
@デジタルカメラ世界市場推移予測/シェア
Aデジタルカメラ国内市場推移予測/シェア
(6)カーナビ・PND市場の動向と展望
@PND世界市場推移予測/シェア
APND国内市場推移予測/シェア
(7)家庭用蓄電池市場の動向と展望
・家庭用蓄電池世界/国内市場推移予測
(8)
電動自転車・二輪車市場の動向と展望
@電動自転車国内市場推移予測/シェア
A電動自転車国内市場推移予測/シェア
(9)電動工具(パワーツール)市場の動向と展望
・電動工具国内市場推移予測/シェア
3. 車載用二次電池応用市場の動向と展望
(1)環境対応車市場の動向と展望
(2)LiBメ−カーと自動車メーカーの提携関係
@自動車世界・国内市場推移予測/シェア
A環境対応車別世界/国内市場推移予測
4. 車載用リ二次電池メーカーの動向と展望
(1)オートモーティブエナジーサプライ 株式会社
(2)日立ピークルエナジー 株式会社
(3)プライムアースEVエナジー 株式会社
(4)株式会社 リチウムエナジージャパン
5. 産業用二次電池応用市場の動向と展望
(1)産業車両(フォークリフト)市場の動向と展望
@産業車両(フォークリフト)世界市場推移予測/シェア
A産業車両(フォークリフト)世界市場推移予測/シェア
(2)無停電電源装置・瞬低補償装置市場の動向と展望
無停電電源装置・瞬低補償装置市場推移予測/シェア
(3)蓄電システム(定置型蓄電池)市場の動向と展望
・蓄電システム別世界市場推移・予測


第V章 二次電池関連部材市場の動向と展望

1. リチウムイオン電池構成部材の動向と展望
(1)リチウムイオン電池部材の最新動向
(2)リチウムイオン電池部材の概要と動向
(3)リチウムイオン電池構成部材の供給関係
@リチウムイオン電池構成部材世界市場推移予測(数量・金額)
Aリチウムイオン電池構成部材世界市場構成比率(金額)
2. リチウムイオン電池正極材の動向と展望
(1)リチウムイオン電池正極材の動向と実態
@リチウムイオン電池正極材世界市場推移・予測(数量・金額)
Aリチウムイオン電池正極材世界メーカーシェア(金額)
Bリチウムイオン電池正極材メーカー出荷金額推移・予測
3. リチウムイオン電池負極材の動向と展望
(1)リチウムイオン電池負極材の動向と実態
@リチウムイオン電池負極材世界市場推移・予測(数量・金額)
Aリチウムイオン電池負極材世界メーカーシェア(金額)
Bリチウムイオン電池負極材メーカー出荷金額推移・予測
4. リチウムイオン電池電解液の動向と展望
(1)リチウムイオン電池電解液の動向と実態
@リチウムイオン電池電解液世界市場推移・予測(数量・金額)
Aリチウムイオン電池電解液世界メーカーシェア(金額)
Bリチウムイオン電池電解液メーカー出荷金額推移・予測
5. リチウムイオン電池セパレータの動向と展望
(1)リチウムイオン電池セパレータの動向と実態
@リチウムイオン電池セパレータ世界市場推移・予測(数量・金額)
Aリチウムイオン電池セパレータ世界メーカーシェア(金額)
Bリチウムイオン電池セパレータメーカー出荷金額推移・予測


第W章 二次電池部材メーカーの動向と展望

1.
リチウムイオン電池正極材メーカーの動向と展望
(1)JX金属 株式会社
(2)新日本電工 株式会社
(3)
住友金属鉱山 株式会社
(4)株式会社 田中化学研究所
(5)戸田工業 株式会社
(6)日亜化学工業 株式会社
(7)日本化学工業 株式会社
(8)三井金属鉱業 株式会社
2. リチウムイオン電池負極材メーカーの動向と展望
(1)クレハ 株式会社
(2)JFEケミカル 株式会社
3)昭和電工 株式会社
(4)東海カーボン 株式会社
(5)東レ 株式会社
(6)日立化成 株式会社
(7)三菱ケミカル 株式会社
3. リチウムイオン電池電解液メーカーの動向と展望
(1)宇部興産 株式会社
(2)関東電化工業 株式会社
(3)ステラケミファ 株式会社
54)セントラル硝子 株式会社
(9)三菱ケミカル 株式会社
(6)森田化学工業 株式会社
4. リチウムイオン電池セパレータメーカーの動向と展望
(1)旭化成 株式会社
(2)宇部興産 株式会社
(3)住友化学 株式会社
(4)帝 人 株式会社
(5)東レ 株式会社
(6)三菱ケミカル 株式会社
5. 有力二次電池メーカーの動向と展望
(1)日本重化学工業 株式会社
(2)古河電気工業 株式会社


第X章 二次電池メーカーの動向と展望

1. 二次電池国内主要メーカーの動向と展望(〜20年度)
(1)NECエナジーデバイス 株式会社
(2)FDK 株式会社
(3)エリーパワー 株式会社
(4)川崎重工業 株式会社
(5)株式会社 GSユアサ
(6)住友電気工業 株式会社
(7)
セイコーインスツル 株式会社
(8)株式会社 東 芝
(9)日本ガイシ 株式会社
(10)パナソニック 株式会社
(11)日立化成
(12)
古河電池 株式会社
(13)マクセル 株式会社
(14)株式会社 村田製作所
2. 二次電池海外主要メーカーの動向と展望
(1)Ameperex Technology(中国)
(2)SK
イノベーション(韓国)
(3)LG化学(韓国)
(4)COSLIGHT GROUP(中国)
(5)Tianjin Lishen Battery(中国)
(5)サムスンSDI(韓国)
(7)BAK Battery(中国)
(8)BYD(中国)
3. 二次電池関連メーカーの動向と戦略(表)


 < 申込み>




ホームページ